DIYで作るバイクガレージまとめ

スポンサーリンク
バイク

こんにちは

久々になりますが、ブログ更新です。
今回は、youtube動画でも紹介した、バイクガレージ製作DIYの様子をブログでも少し詳しく紹介していこうと思います。

車・バイク好きなら憧れるマイガレージ。
自宅にある小屋を改造したい、これからガレージを作ろうか考えている方の参考になればと思います。

こんな人に読んでほしい
・バイクガレージの作り方が知りたい。
・オシャレなガレージに憧れている。
・自分もDIYでガレージを作ってみたい

スポンサーリンク

1,ベースとなるガレージ本体

まず、今回DIY改造したガレージの元になるプレハブ小屋です。

私の場合、自宅にあったプレハブ小屋を活用して、バイクガレージを作ることにしました。

ただし、バイクを入庫するには少々問題があり、大きの問題の一つが…

入口が狭い

ということです。

改造前のプレハブ小屋

改造前の状態では、入口が引き戸のため、スライドしても約800mmくらいの幅しかありません。
バイクだけの幅なら入りますが、自分で押して入れるので、もう少し広くする必要がありました。

なので、まずは入口ドアを改造して、開口部を広くする必要がありました。

スポンサーリンク

2,入口改造、両開きドアを作成する。

ということで、最初は入口ドアの製作です。

「単純に引き戸のアルミサッシを取り外して、アルミの両開きドアに付け替える」

という手段も考えましたが…

・価格が5~6万前後すること
・枠サイズが中途半端だったため、既存サイズがそのままつかない

など、既製品ポン付けでつけるには手間がかかることと、かなりコストが掛かってしまうので、木材で自作することにしました!

さっそくホームセンターで木材を購入。
使用するのは、4mmベニヤ板と30×40角の木材。

運搬車両はホームセンターの軽トラックを借りて往復しました!

これらを小屋の枠サイズに合わせ切断し、ドアを2枚製作していきます。

組み上げたドア

ビス止めで固定して、ドア素材の完成です。

外開きにするため、蝶番を付けるミゾ加工腐らないように外側にはペンキを塗り、さっそくプレハブに取り付けていきます。

仮取り付け閉じた状態
仮取り付け;開いた状態

小屋自体がちょっと歪んでいたので、微調整してなんとかドアが取り付きました!
両開きにしたことで、開口スペースが広がり、出入りがしやすいようになりました!

鍵を取り付けた状態

最後に打掛錠を3ヶ所に取り付けし、施錠できるようにしました!
これでとりあえず入口は完成。
段差があるので、木材をスロープとしてバイクを入庫できるようにしました!

スロープでバイクを入庫

とりあえずこれで、バイクを無事入庫できるようになりました!

続いて、ボロボロの内装を直していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました