TW200にスマホホルダーとUSB電源取付け

スポンサーリンク
DIY

今回はTW200のDIY。
現代のバイクツーリングの必需品と言っても良い、スマホホルダーとUSB電源を取り付けていきます。

スポンサーリンク

1まずはシートとタンクを外す

まずはUSB電源の配線を通すためにシートとガソリンタンクを外していきます。

TWのシートはボルト固定式で後ろ側にボルト2本で留まっているのでこれを外します。
ガソリンタンクはタンク後ろ側のボルト1本で留まっているので、これを外し、サイドカウルのピンがハマっているので横に抜いてておきます。

タンクを外す前にフューエルコックをOFFにし、キャブレターからホースを抜きます。
このときホースに溜まっていたガソリンが少量漏れるので注意。

あとは乗っかっているだけなので、後ろに引っ張ると簡単にタンクを外すことができます。

シート固定場所ボルト穴2箇所
タンク固定ボルト場所

外した状態がこちら。

これで配線を通す準備ができたので、USB電源のコードを通していきます。

スポンサーリンク

2,USB配線とホルダーの取付け

まずはUSB電源の配線を通していきます。
今回使用した商品はこちら。

バッテリーに直接繋いで、手元のスイッチでON・OFFするタイプの電源です。
これならバッテリーに直接繋ぎっぱなしでもスイッチを切っとけば通電しないので、バッテリーが上がる心配は無いです。

配線はフレームにもともとある配線を束ねているバンドがありますので、それに合わせて固定。
先端の端子をバッテリーのプラスマイナスにそれぞれ共締めするだけなので簡単です。

配線はフレームに沿って結束バンドで固定

スマホホルダーはこちら

ネジ固定では無く、ワンタッチで挟み込んで固定するタイプなので付け外しが簡単になっているホルダーです。
代車やレンタルバイクなどで一時的に使う用に買っておいたものが余ってたので、TWに取り付けることにしました。
TWのハンドルバーは配線等が干渉して取り付ける場所が無いので、家に余っていたミラーに共締めするタイプのステーを増設してスマホを設置しました。

ミラー共締めタイプのスマホステーはいろいろなメーカーから単品でも販売されていますので、ハンドルバーに固定する場所がない方はこちらも準備しましょう。

ミラーに共締めするステーを増設

ハンドルを左右に切ったときにコードが引っ張られないよう調整して電源を固定。
ホルダーも取付干渉した状態がこちら。

運転の邪魔にならない見やすい位置でうまく設置できました。

電源の通電確認も問題無いので設置は完了。
あとは取り外しと逆の手順でタンク・シートをもとに戻せば完了です。

スポンサーリンク

3,スマホ設置で利便性向上しました。

スマホホルダーとUSB電源も設置できましたので、これでスマホナビを使いながらバッテリーの心配をせずツーリングにいくことができます。

さすがにナビ無しで知らない場所に行くと道に迷ってしまいますしね…

とりあえず最低限必要な装備は整ったので、TWでいろいろなところにでかけてみようと思います。

TWは車体構造が簡単で取り外しも簡単なのでいじくりやすくて非常に助かります。

USB電源の配線とスマホホルダーの取付は他車種でも簡単にできるDIY作業です。
電気配線なので感電やショートに注意すればさほど難しい作業では無いので、安全面に気をつけつつみなさんも取り付けしてみてください。

ということで今回の内容はここまでになります。

内容が良かったなと思った方は、今後も色々と車・バイク、ツーリング・ドライブスポット情報など発信していきますので、ブログの観覧・Twitter・Instagram・You Tubeの登録を是非お願い致します。

各SNS・サイトリンクはこちら

それではまた!

広告

コメント

タイトルとURLをコピーしました